どこに売るか

お正月になればなんでも高くなるように長期休暇になればゲームソフトの買取り価格が高くなるケースがあります。
特に新しいゲームであれば、高額買取りをしてくれますが、価格の低下が早いため1か月待ってから売ると損する場合があります。
発売直後であれば8割ほどの価格で買い取ってくれる商品であっても2か月ほどすると5割くらいでしか買い取ってくれません。
さらに1年たつと買取りもしてくれないゲームもあります。
最近ではソフトを購入するのではなくダウンロードすることが多いため、売ること自体ができないものも多数あります。
広告などの買取り情報をみて売れるのであればできるだけ早くまとめて売るのが高額を得る手段の1つだと言われています。

一昔前であればすべてソフトであったっため売買が成立していました。
しかし最近んおゲームはもはや子供相手ではなく大人をターゲットとした商品が多く発売されています。
特に多いのはソフトをダウンロードすることなく、基本料金無料で遊べるネットを利用したものが主流です。
特徴として無料なので誰でも気軽にプレイでき、またアップデートが充実していることです。
やはりデメリットもあり、続けていないとわからなくなることや課金者との差がかなり大きいこと、数年たってまたやりたいと思ってもできない可能性があることなどです。
ソフトでないため売買はできませんし、ゲーム内の武器を現金で売ることも基本的に禁止されています。
パソコンにソフトをダウンロードして遊ぶタイプのものは買取りはほとんどされてなく、中古などは基本的に出回っていません。

注目の記事